不妊 原因 歯周病

■歯磨きには気を付けていたのに・・・

 

私は3年ほど前、虫歯を放置しすぎて顔が大きく腫れてしまったことがあります。

 

あの時は本当に辛かったので、それからは歯には気を付けていました。

 

丁寧に歯磨きをし、虫歯チェックや歯石除去などで定期的に歯医者にも通いました。

 

それから結婚し、引っ越し、妊娠し、となかなか歯医者に通えないでいましたが、痛むところはないし、相変わらず気を付けて歯磨きを続けていました。

 

安定期に入り、市の妊婦歯科検診に行くと、なんと!8つも虫歯があると言われてしまいました。

 

そして中等度の歯周病だと・・・

 

「妊婦はホルモンの関係で口が乾きやすいから虫歯になりやすいよ。

 

歯周病は放置していると早産になることもあるから、歯磨き頑張ってね。」と言われてしまいました。

 

虫歯もショックでしたが、歯周病と言われたのがすごくショックでした・・・

 

妊娠すると体調にいろんな影響があると聞きます。

 

虫歯になりやすいということも知っていました。

 

でも実際に自分がこんなに虫歯ができて、歯周病にもなっているなんて、驚きでした。

 

先生の「歯周病は放置していると早産になることもある」という言葉が気になって、妊婦と歯周病について調べていると、なんと歯周病は『妊娠すること』にも影響するとわかりました!

 

 

■歯周病は日本人の国民病

 

歯周病は40歳以上の日本人の8割が患っているという統計があります。

 

こう言われると若かったら大丈夫と思ってしまいがちですが、15〜24歳の2割が歯周病を患っているというデータもあります。

 

それだけ歯周病は身近な病気なのです。

 

オーストラリアで行われた研究で、歯周病のない女性が自然妊娠するのに平均5ヶ月かかったのに対し、歯周病のある女性は平均7ヶ月かかったという結果が出ています。

 

またこれは人種によっても違いがあり、白人女性は影響が小さく、その他の女性は影響が大きいとわかっています。

 

白人じゃない女性の場合、自然妊娠するまでに1年以上かかった女性の割合は、歯周病のない女性で6.2%だったことに対し、歯周病のある女性は13.9%とおおよそ2倍という結果がでたようです。

 

日本人は一般的に黄色人種と言われる人種ですので、歯周病の影響は大きいと考えられます。

 

 

■なぜ歯周病が影響するの?

 

歯周病は、口腔内の細菌が繁殖し、歯茎に感染し炎症を起こす病気です。

 

この炎症が、流産や早産に関係すると言われています。

 

炎症が起こると、炎症性の刺激物質が発生し、血液に乗って全身に送られます。

 

その刺激物質が、プロスタグランジンという子宮を収縮させるホルモンを増加させます。

 

子宮が収縮すると、子宮内の赤ちゃんを押し出す動きが起き、流産や早産になってしまうのです。

 

 

 

では、妊娠しにくくなるのは、なぜなのでしょうか。

 

残念ながら、まだ研究段階のため、歯周病が不妊になる原因はわかっていないようです。

 

しかし、前項のように実際に歯周病があると妊娠するまでに時間がかかることがわかっているので、歯周病の治療をすることで、妊娠しやすくなるのではないかと考えられています。

 

また、不妊治療の際によく使われる排卵誘発剤。

 

排卵誘発剤を使用することでエストロゲンが増加し、このホルモン量の変化が歯周病を悪化させる可能性があると指摘されています。

 

このエストロゲンは妊娠すると出産まで増加し続けるホルモンですので、妊娠中は歯周病になりやすいのです。

 

妊娠初期はつわりのせいで歯磨きがゆっくりできない方も多いようです。

 

口腔内を清潔に保てず、虫歯や歯周病が進行しやすくなってしまうのですね。

 

 

■妊娠しやすくなるように、妊娠後のことも考えて、歯医者に行きましょう

 

妊娠しやすい身体に整えるため、妊娠したときのため、歯医者にいって歯周病の有無を確認し、治療することをお勧めします。

 

治療の必要がなければ、3〜6ヶ月に1回のチェックで良いようです。

 

普段の歯磨きのコツとして、歯周病と言われた私が指導された内容をお伝えします。

 

まず、歯ブラシは小さめのものを選ぶこと。

 

女性は顎が小さいので、歯の間も狭いことが多く、しっかり磨かないといけない歯の間が磨きにくいのだそうです。

 

歯は1本1本磨き、歯の表面よりは歯と歯茎との間を磨くことを意識すること。

 

歯間ブラシや、デンタルフロスを使用して歯ブラシで磨き切れない歯間の汚れをとることも大切だそうです。

 

歯周病用の歯磨き粉を使うことも、有効のようで、私は歯医者でいただきました。

 

妊娠に関係なさそうな歯の健康、妊活を始めるときにぜひチェックしてみてください。